PP Møbler

1940年代、デンマークの老舗工房のひとつとして名高いPP Mobler社の歴史は、アイナー・ペターセンとラース・ペターセンの兄弟がユトランド半島の小さな町・バイエンで家具職人の修行をしたところから始まります。 多くのデザイナーたちとの出会いによって可能性を広げ、現在の同社の所在地でもあるアレロで家具工房としてのPP Mobolerのキャリアがスタートしました。 60〜70年代に入ると偉大な家具デザイナー、Hans J,Wegnerとのコラボによって、職人の手仕事による高品質な家具を生み出すメーカーとして、世界にその名を知らしめました。 今日ではデンマーク家具を知るにはまずPP Moblerの椅子を見よ。 と言われるほどです。 伝統を大切にしながら、新しい挑戦を忘れないPP Mobler社の姿勢は、20世紀を駆け抜けた巨匠デザイナーたちの精神そのものです。