louis poulsen

ルイスポールセン社の始まりは以外にも1874年、ワインの直輸入会社としてでした。その後、デンマークで国内初の発電所が稼動すると、工具と電気用品の販売企業として再スタートを切りました。 そして20世紀に入ると、ポールヘニングセンとのコラボでその名はグローバルなものとなりました。今では同社の照明が世界中の街を照らしています。